遮蔽空間

モバイル系のサイトやコンテンツ制作のお仕事をしてます。最近は自分用メモになってたり(・ω・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWF形式のアニメーションをYoutubeにアップロード

お仕事で作ったコントアニメのSWFファイル。
当初は自社の運営サイトで流す予定だったのですが

「ユーチューブに動画をだせ!」

というエライ人の鶴の一声で動画にしなければならなくなりました(´・ω・`)

まぁAVI出力してFLVに変換すれば問題ないだろうと軽く考えて
いたのですが、どうやらAcrionScriptで制御されている部分は
AVIの出力時に無視されてしまうようで思ったように動画が作成
出来ない。

そこで1度SWFに吐き出したものをAVIに変換するソフトを
使ってみたのですが、思わぬところでループしたり、再生が
ガクガクしたりとどうにも挙動がおかしい・・・。

【swf → avi変換のソフト】
・swf2avi
http://www.pizzinini.net/projects/swf2avi/

・flash-video-converter
http://www.flash-video-converter.com/jp/


で、初心に戻ってFlash-jpで調べてみたところ(というか初めから行けw)
http://www.flash-jp.com/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6484&forum=11
のスレッドにあった

①FlashCS3 → movファイルを高画質で出力
②QuickTime → 無圧縮AVIに変換
③Premire → 画角を320x240に縮小
④FLVEncoder → Youtubeの再エンコを気をつけて出力

で簡単に解決。
こんなことに3時間も悩んでしもうた・・・(´Д`;)


Flashで作ったアニメーションは簡単に動画で出力できると
思ってたのが大きな間違いでした。

今回はFlaファイルが自分で作ったものだったので何とかなったけど、
拾い物を動画に変換しようとしたら大変だ・・・。
その場合はデスクトップの画面をキャプチャするソフトとか使えば
なんとかなるんだろうか。


さて動画をアップしなきゃ。
金曜の夜くらい早くかえりたいのう(´・ω・`)
スポンサーサイト

動画配信について②

昨日はWEBサイトで動画の配信をしたいという依頼で動画の基本について
調べましたので、今日はどの方法で配信するかを決ようと思います。
会社から依頼された用件は以下のようなものです。

1.1日1万PV前後のサイトで動画を配信したい
2.動画のリンクをクリック → ポップアップを開いて再生したい
3.権利が絡むので保存されるのはまずい
4.ファイルの形式はflvを希望(理由:カッコイイからw)
5.極力費用のかからない方向で

4番(笑)はまぁ置いておくとして、3番が配信方法を選ぶ基準になるかと思います。
(プログレッシブ型ではローカルPCに保存されてしまう)

で、自社と同じサービスを行っているところを調べてみたところ、
どの会社も必ずストリーミング配信をしていました。
権利元もNGとのこと。まぁ当たり前と言えば当たり前ですね。

自分的にはプログレッシブ型が簡単だし、手間もかからないので
いいんじゃないかなと思っていたのですが甘かったようです(´・ω・`)

「じゃあストリーミングで」となるのですが、そうするとストリーミングサーバーを
使わねばならず、結構な費用が発生してしまいます。


と、思ったら「必ず」ストリーミングサーバーを用意しなくても良いみたいです。

  【IT用語辞典
  ストリーミング方式のデータは通常のWebサーバから配信することも
  可能だが、サーバや回線への負担が大きいため、ストリーミングサーバを
  利用するのが一般的である。

にゃるほど。負荷の問題以外にはWEBサーバーを使って配信することができるみたいです。
さらにRealNetworks社のReal System ServerやApple社のQuickTime Streaming Serverなど
ストリーミングサーバ用のソフトウェアが配布されているとのこと。

「サーバー立てたりホスティングしたりする金無ぇ!だが動画配信はするぜ!」

などと無茶をおっしゃる会社なので、一先ずこの方向で調べてみようかと思います。
サーバー側のことはわかりませんが、システム担当者から「とりあえずやってみたら?」と
一応のGoサインをもらったので、最悪サーバーが落ちても俺のせいじゃないよね?(・ω・)

というわけで今から調べにいってきます。

動画配信について

先日、某ダイエットDVDのプロモーション映像をニコニコ動画で配信したいという
依頼があり、今度は会社のWEBサイトでもFLVで映像を流したいと相談を
受けたので、動画配信について基本から調べることになりました。


【配信の方法】

 ・擬似ストリーミング配信(プログレッシブダウンロード)
 ・ストリーミング配信
 ・ダウンロード配信


◆擬似ストリーミング配信(プログレッシブダウンロード)
プレイヤーをホームページに埋め込んで再生する方法です。
個人や小規模なサイトで動画を配信する場合はこの形式になるかと思います。

○メリット:
  ダウンロードしつつ再生されるので待ち時間が少ない
  比較的大容量の動画を配信できる。
  HTTPサーバーからも配信できるのでコストがかからない

×デメリット
 再生されたPCに動画ファイルが残ってしまう。


◆リアルタイムストリーミング配信
ストリーミングサーバーを利用して動画を配信する方法です。
ユーザーからするとプログレッシブダウンロードと殆ど変わりません。

○メリット:
 PCに動画データが残らない
 専用サーバーで配信するので大量の配信もOK

 ×デメリット
  専用サーバーが必要なのでコストがかかる。


◆ダウンロード配信
ユーザーに動画をダウンロードさせ、ローカル上でプレイヤーを起動して再生します。

○メリット:
 ホームページにリンクを張るだけでOK

×デメリット:
 文字通りダウンロードなのでバッチリ動画が保存されます。




プログレッシブダウンロードも保存はされますが、ユーザーが意識しなければ
どこに保存されているのかわからない場所に保存されます。

ちなみに保存される場所ですが、Windowsの場合は

C:\Documents and Settings\[ログイン名]\Local Settings\Temporary Internet Files

もしくはIEのメニューから
ツール → インターネットオプション → インターネット一時ファイル → ファイルの表示

で再生したファイルを見つけることができます。




このあたりは誰でも結構知っているようなところですが、おさらいの意味も含めて調べてみました。


少し長くなってしまったので続きはまた明日にでも。 【“動画配信について”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。